映画『メリー・ポピンズ リターンズ』が2019年2月1日(金)全国公開されます。

ディズニー不朽の名作『メリー・ポピンズ』の続編として描かれる最高にハッピーな物語。

メリー・ポピンズの魅力を、ブロードウェイ版オリジナルキャストを務めたアシュリー・ブラウンが語りました。

メリーは演じる女優によってバラバラで構わない

アシュリー・ブラウン

ブロードウェイミュージカル『美女と野獣』15代目ベルを演じ、2006年に『メリー・ポピンズ』がミュージカル化された際にはメリーを主演。

メリー・ポピンズのオリジナルキャストとして2019年1月31日(木)・2月1日(金) の「ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ」(パシフィコ横浜)に出演するアシュリー・ブラウンさんが、メリー・ポピンズの魅力を語りました。

メリー役を演じる上で大事にしたことは?

いろいろあるわ。私が真剣に受け止めていたのは、大変な役をいただいたってことだった。

私は子どもの時からジュリー・アンドリュースに大きな影響を受けてきた。

だけど、自分が選ばれた時に、いや、実際はオーディションの最中から、私はジュリー・アンドリュースのメリー・ポピンズにはなれないと気づいていた。

私自身のメリー・ポピンズを作らなければと思ったの。

だってジュリーが作ったメリー像を、彼女以上に上手に再現できる人なんていない。

私は新しいメリーを作る方法を探し始めた。私の中にいるメリーを探し出す過程を本当に大事にした。

助けになったのが、新しく加えられた曲や、ブロードウェイ化にあたっての脚本の変更だった。

そこには私が自分らしさを出せる余地があった。

だけど、私の仕事はお客さんにメリーを好きなまま劇場を去らせること。

なじみあるものを好む人が大勢いるのだから、お客さんが求めるものはちゃんと与えることだった。

そこは満たしつつ、自分らしさも出そうと思った。

私にとってのメリー・ポピンズはずっとジュリーだった。今でもそうよ。

だから、どれだけ多くの人がそのメリー・ポピンズを愛しているかを真剣に受け止めた上で、楽しみたいと思った。

楽しくて生意気な、まるで私自身みたいなところを大事にしようと思った。

私は時間をかけて自分のメリーを見つけていった。わくわくした。

これだって思った瞬間のことを覚えているわ。残念なことに、開幕してだいぶ時間が経ってからだったわ。

週に8公演していると、だんだんペースがわかって自分なりのメリー像が見えてくる。

プレッシャーが減り、リラックスできるようになってくるの。

“私はメリーだ”とはっきり思えた瞬間を覚えてる。最高の気分だった。あらゆる努力がついに報われた瞬間だった。

映画『メリー・ポピンズ リターンズ』 ©2018 Disney Enterprises Inc.

映画『メリー・ポピンズ リターンズ』は楽しみですか?

ええ。もちろんまだ見ていないんだけどね。

数年前の『ウォルト・ディズニーの約束』しかり、メリー・ポピンズが登場する映画が始まる時はいつも、気合いを入れなければ見ることができないの。ポジティブな意味でよ。

キャラクターやストーリーをすごく近くに感じて、心が揺り動かされてしまうの。

映画を見に行く時って現実からの逃避みたいなところがあるでしょ。でも私はどっぷり入り込んでしまう。だけど、映画を見るのは本当に楽しみだわ。

ディック・ヴァン・ダイクとは何度か共演したことがあるの。彼は今作でもすばらしいに決まってる。すてきな人よ。

一番楽しみにしているのは、エミリー・ブラントがメリー・ポピンズをどう演じるのかを見ること。

メリー役のクールでユニークなところは、これまでのメリー役の女優を全員集めたら、驚くぐらいどの人もバラバラだということね。

見た目も所作もユーモアのセンスも声も、何もかもが違う。

それはとても興味深いことよ。

ほとんどの役にはタイプがあって、“彼女の背の高さはこのくらい、声のタイプはこれ、こういうタイプの女優、こういうタイプの歌手“みたいに決まっている。

だけど、メリーは違っていて構わないの。

ただし、唯一いじくってはならない部分がある。

ミステリアスなところよ。

どう表現するかは人ぞれぞれだけどね。

エミリー・ブラントはすばらしい女優で彼女のやることはすべて好きよ。だから、彼女がどう表現するかを見るのが楽しみだわ。

メリーのなんとも言えないミステリアスさが、彼女をマジカルな存在にしている。

私は自分のやり方は自分の秘密にしておくわ。

とにかくメリーには謎めいたところがあって、それがわかったと思った瞬間、人生に影響を及ぼしてくる。

メリーは私たちを決して油断させない。

一人一人の女優がそれを見つけきたことが、この物語をより面白くしてる。

『ウォルト・ディズニーの約束』をはじめ、たくさんの映画にメリー・ポピンズが登場し続けるのは、みんながいまだに彼女と彼女の物語に興味を持っているからなのよ。

 

註)インタビューは『メリー・ポピンズ リターンズ』全米公開前の2018年12月上旬に行われたもの。
ジュリー・アンドリュース:映画『メリー・ポピンズ』のメリー・ポピンズ役
エミリー・ブラント:映画『メリー・ポピンズ リターンズ』のメリー・ポピンズ役
ウォルト・ディズニーの約束:2013年公開の映画。ウォルトが『メリー・ポピンズ』を製作する背景を描いた作品。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます