新規格「AllPlay」対応のコンパクトなワイヤレススピーカー

2015.7.1 17:34配信
SC-ALL2

パナソニックは、無線LANを利用して複数の機器で同時に音楽再生ができる新規格「AllPlay」に対応したコンパクトなワイヤレススピーカーシステム「SC-ALL2」を7月24日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は3万円前後の見込み。

無線LANを利用して、家庭内の複数の機器で同時に音楽を再生する「AllPlay」規格に対応したワイヤレススピーカー。同一ネットワーク内のスマートフォンやPC、他の「AllPlay」対応機種と連携して、それらの機器内の音楽を再生できる。また、インターネットラジオ、音楽配信サービスの音声を聴ける。

本体を2台組み合わせれば、ステレオスピーカーとしても利用でき、コンパクトで持ち運びしやすいため、家の中のさまざまな場所で音楽を楽しめる。

音声の伝送には、非圧縮のQualcommAllPlay/Wi-Fiを使用するため、ワイヤレスながら高音質再生を実現し、本体に無線LAN接続設定を保存できるので、最初の接続以降は設定を行う必要はない。

本体には、スマートフォン向けアプリ「Qualcomm AllPlay Radio powered by TuneIn」で聴取できるインターネットラジオ局を6つまで登録でき、好きなチャンネルをワンタッチで呼び出せるプリセットボタンを備える。また、「Panasonic Music Streaming」アプリをインストールしたスマートフォン/タブレット端末からの、複数の本体の一括操作にも対応する。このほか、時計や音楽アラーム、スヌーズ機能を搭載する。

実用最大出力は40W。インターフェースは、100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポートを備える。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANと、Bluetooth 2.1+EDR。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング