嵐、松本潤がシェークスピアに変身 練習40回、英語のせりふで熱演

2015.6.8 4:29配信
 洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」

 日立アプライアンスの新TVCM 洗濯乾燥機「ビートウォッシュ シェイクスピアのすすぎ」篇に、日立白物家電シリーズのイメージキャラクターを務める嵐の松本潤がシェークスピアに扮(ふん)して出演している。

 シリーズ6年目に突入した2015年の新シリーズでは、嵐のメンバーがそれぞれ“歴史上の偉人”に扮して各種CMに登場する。新CMの舞台は約400年前の中世ヨーロッパ。松本演じる英国の劇作家シェークスピアが誰もが知っている名言で洗濯の悩みについて答える。

 書斎で“洗濯”の“選択”に悩むシェークスピアは名作「ハムレット」の名せりふ「to be or not to be.that is the question(生きるべきか、死ぬべきか。それが問題だ)」をつぶやくと立ち上がり、「洗剤が残るか、残らないか。それが問題だ」と正しい洗濯機を選ぶ。最後には「人生とは“センタク”の連続である」と自身の選択に大満足するというもの。

 撮影では波打つパーマ、パフスリーブのトップス、股引きパンツの衣装に身を包んだ松本の完璧な変身ぶりにスタジオは大盛り上がりを見せたという。名せりふに挑戦するシーンでは、イギリス英語のネイティブ感を出すために40回以上もの練習に励んだ松本。見事OKが出ると「なんとか、ぎりぎりやり切りました」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 新CMは18日から全国でオンエア。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング