シャープ、液晶テレビ「AQUOS」にフィットするシアターラックシステム「AQUOSオーディオ」2機種

2012.3.9 11:20配信
「AN-AS6000」(左)と、液晶テレビ「AQUOS LC-60Z5」との設置例

シャープは、液晶テレビ「AQUOS」にフィットする薄型デザインのシアターラックシステム「AN-AS6000」(60V型用)を6月10日に、「AN-AS5000」(52V~40V型用)を3月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「AN-AS6000」が13万円前後、「AN-AS5000」が9万円前後の見込み。

前後に振動板を配置し、薄型ながら全方向に音を放射する「HVTスピーカー」をシアターラックシステムで初めて搭載。部屋全体を包み込むような豊かな音の響きが味わえる。また、150Wの大容量・薄型16cmのサブウーファーが、迫力ある重低音を再生する。フロントスピーカーと合わせて最大出力300Wのサウンドで、臨場感溢れる映像を提供する。

「AQUOSファミリンクII」に対応しているので、「AQUOS」のリモコンでシアターラックシステムの音量や、サウンドモードを操作できる。

3月8日現在の対応液晶テレビは、「AN-AS6000」がLC-60Z5、LC-60L5、LC-60B5の3機種。「AN-AS5000」がLC-52LB3/46LB3、LC-52LV3/46LV3/40LV3、LC-40DR3、LC-52L5/46L5/40L5、LC-52Z5/46Z5/40Z5、LC-52V5/46V5/40V5、LC-40R5の16機種。

音声入力は、デジタル端子がHDMI×2(映像入力兼用)、角型光入力×1、アナログ端子がピンジャック×1。音声出力端子として、HDMI(映像出力兼用、1080pまで対応、ARC対応)×1を備える。

「AN-AS6000」は、サイズが幅1383×高さ584×奥行き383mmで、重さは未定。「AN-AS5000」は、サイズが幅938×高さ575×奥行き357mmで、重さは約31kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング