ビッグローブ、光回線を活用した光テレビと光電話サービスの提供開始

2015.7.2 18:5配信

ビッグローブは7月1日、光回線サービス「ビッグローブ光」の利用者を対象に、インターネットの光回線を通じて、地上/BS/110度CSデジタル放送の視聴ができる「ビッグローブ光テレビ」と、固定電話を利用できる「ビッグローブ光電話」の提供を開始した。

「ビッグローブ光テレビ」は、アンテナを設置することなく、家庭のデジタルテレビで地上/BS/110度CSデジタル放送の視聴ができるサービス。光回線での提供なので、映像が乱れにくく、快適な視聴環境を実現する。また、別途有料チャンネルの契約を行えば、BS全31チャンネルを視聴できる。月額利用料は660円で、初期費用として登録料2800円、工事費3000円が必要(いずれも税別)。

「ビッグローブ光電話」は、光回線を利用したIP電話サービス。アナログ電話やひかり電話など、固定電話への通話料は全国一律で3分あたり税別8円と割安で、現在使用している電話番号や電話機がそのまま使える。また、発信者番号表示や自動転送など、有料の付加サービスも用意する。

提供プランは「基本プラン」と、六つの付加サービスと1月あたり480円分の通話が付属する「A(エース)」の2種類。どちらも、機器利用料はひかり電話対応機器が月額200円、無線LANカードが月額100円(いずれも税別)。1チャネル1番号で、最大2チャネル2番号まで利用可能。「基本プラン」は、月額基本料が税別500円。

「A(エース)」は、月額基本料が税別1500円で、付加サービスは発信者番号表示、ナンバー・リクエスト、迷惑電話ブロック、通話中着信通知、自動転送、着信お知らせメールが利用できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング