実写版『るろうに剣心』ポスター画像解禁! モノクロで表現した理由とは

2012.3.9 14:35配信
『るろうに剣心』ティザーポスター

和月伸宏の大人気コミックを佐藤健主演で実写化した映画『るろうに剣心』の新ビジュアルがこのほど解禁となった。

その他の写真

『るろうに剣心』は1994年から5年に渡って週刊少年ジャンプに連載され、コミックの累計発行部数は5000万部を突破、テレビアニメ化もされた大人気作。かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられるも、維新後に殺さずの誓いを立てた伝説の剣客・緋村剣心(佐藤)が、様々な人との出会いを通じて、自らの生きる道を見出していく姿を描く。佐藤のほかにヒロインの神谷薫役に武井咲、高荷恵役に蒼井優、斎藤一役に江口洋介など主役級のキャストが参加しており、原作のキャラクターがどう描かれるかに注目が集まっている。

場面写真や特報に続き、ようやく解禁となったポスタービジュアル。全体がモノクロでデザインされているのは、幕末に“人斬り”として生きた過去の自分と向き合い、維新後に立てた人を殺めないという誓いを守りながら流浪人として生きる剣心の“封印された狂気”を表現しているという。また、ポスターに描かれる“優しいヤツほど気をつけろ”のコピーも剣心の隠された一面を表現しているようだ。

昨年には本作のテレビアニメ化15周年を記念して新作アニメの制作も決定、5月には13年ぶりに原作漫画も再始動することが発表されている。

『るろうに剣心』
8月25日(土)全国公開
(C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

いま人気の動画

     

人気記事ランキング