損保ジャパン、トラブル予防や解決情報を提供するAndroidアプリ「トラブルCh」

2012.3.9 15:45配信
トラブルCh

損害保険ジャパンは、3月8日、位置情報を利用してトラブル予防・解決情報を提供するAndroid用アプリ「トラブルCh(トラブルチャンネル)」の提供をGoogle Playで開始した。価格は無料。

地図上に仮想的な境界を設定し、特定の場所に入ったり出たりすると、決められた処理を自動的に行う位置情報サービス「ジオフェンシング」技術を利用した「トラブルナイザー」を搭載。空港や高速のSA・PA、道の駅、ゴルフ場など、特定の施設や場所に近づくと、関連するトラブル解決術を通知する。スマートフォンがロック中でも、ユーザーに情報を通知できる。

また、「自動車」「海外旅行」「生活・趣味」の3テーマの専門家による「トラブル解決術」や、かかりつけ医師の連絡先などを写真で保存する「いざフォト」、LEDライトや画面を懐中電灯代わりに使う「おたすけライト」、災害伝言ダイヤルや各国の日本大使館などの「緊急連絡先一覧」などのコンテンツを収録している。

さらに、スマートフォン向けにデザインを最適化した海外旅行保険のネット加入サービスや事故報告サービスを利用できる。事故報告サービスは、現在地の情報や事故現場の写真を同社サービスセンターに送信するもの。

アプリは、一部の機能を除いて海外やオフライン環境でも利用可能。また、事故報告サービス以外は、同社の契約者以外でも利用できる。対応OSは、Android 2.1以上。「トラブルCh」はiPhone版も提供しているが、「トラブルナイザー」は搭載していない。近日中に搭載する予定だ。

・「トラブルCh」のダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング