誰しも運命の人と出会って恋に落ちたいものですが、必死になればなるほど出会えないものです。

焦る気持ち、それ自体が男性を遠ざけてしまう……わかっていても難しい。

だって出会えない。出会いがない~!!

ぼんやりしていたら期限切れになってしまう、というお気持ちも分かります。焦ってはいけないとしたら、「運命の人に愛されたい!」という切実な女心を、どこへ向ければいいのでしょうか?

自分の価値を信じる

理想を追い求めるのは構いません。でも、その結果、「出会いたい」気持ち=「そんな素敵な人には出会えない」かもしれない不安、になっていませんか?

不安は自分に自信がないときにやってきます。まずは、気持ちの方向を転換して、「私の運命の人は必ずいるし、出会える」と思い込むことに向けましょう。そして、「私はその彼に愛される価値がある」と信じるんです。

素敵な彼を妄想していても、その人の愛を手に入れるのが自分だと信じられなければ何にもなりません。

そのままの自分を認める

運命の出会いを求めるなら、理想の相手を妄想するより先に、自分が“今のまま”、“そのまま”で十分愛されるに値すると認め、納得することが大事です。

誰かに好かれるために、出会うために、性格を変えようとしたり、見た目を変えようと整形までする人もいるけれど、“そのままのあなた”を愛してくれるのでなければ、そんな“運命”は偽りだと思いませんか?

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます