「自分はセカンド彼女だ」と気づいてしまった……。悲惨なようですが、よく考えてみればこれはラッキーなことかもしれません。

なぜなら、ほとんどのセカンドの女性は「自分がそうだと気づかないまま」のことが多いのですから。

セカンド彼女だと気づいたら、今すぐ本命彼女になる方法を実行しましょう!遅くはありません。

セカンド彼女だと気づいた原因は?

原因は、大きく分けて3つあります。

1.彼に直接聞いた

「俺は彼女いるので」「本命彼女は作らない」と彼本人から冷たく宣言されることがあります。

自分に自信がある場合、そう宣言してもあなたが「離れていかないだろう」、または「離れてもいいや」と思っていることも多いです。

2.本命彼女がいると知った

他人から「彼、本命の彼女がいるよ」と聞いた。彼女といるところを見てしまった、SNSで知った……などがあります。

彼女がいるように見えなかった。彼女のいる雰囲気ではなかった。そんな場合はショックが大きいです。

3.冷たくてそっけないから

彼から全然連絡が来ない。連絡をこちらからすると、うっとうしがる。会話がいつもあっさり……など、あまりにもそっけなさ過ぎて、つねづね疑っていた場合。証拠はないけれど本命彼女がいると思っている。

これは、はっきり知ったという訳ではなく「本命彼女がいると思わざるを得ない」パターンですね。

さて、これらの3パターンは本命彼女になる方法が少しずつ違います。ご紹介しましょう。

本命彼女になる方法:1の場合

デートのときは楽しく、そして彼に優しくしましょう。帰ったあとは「今日はありがとう」と連絡はしないようにします。これは「なにもあなたに執着ありません」という意味です。

それを彼は「めんどくさくなくてラッキー」と思うかもしれませんが、「サインを出しすぎたかな。冷たくしすぎたかな」と不安になる男性は多いでしょう。

楽しく優しくしても「あなただけ」と愛の言葉を言わないと、彼は「なんだろう? もう好きじゃなくなったのかな?」と考え始めるようになります。先にそっけなくされると、気になってしまうのが男心。そこですっぱり切れないものです。

とはいえ、彼はモテ男なので「本命彼女や他の女性とは違う」ポイントを出していきましょう。

本命彼女の欠点を聞き、反対のことをする。うまく行っていない部分を探り、その原因を知るようにします。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます