ニコンから5倍標準ズームレンズ、小型・軽量でDXフォーマットに対応

2015.7.6 16:27配信
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

ニコンイメージングジャパンは、ニコンDXフォーマット対応の光学5倍標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」を7月16日に発売する。税別価格は12万5000円。

焦点距離16~80mm(35mmフィルム換算で24~120mm相当)で、広角端の開放絞り値F2.8を実現した。ニコンDXフォーマット対応レンズとしては初めて、ナノクリスタルコートを採用するとともに、非球面レンズとEDレンズによって、ゴーストや色収差を抑えた高い光学性能を実現する。

さらに、ニコンDXフォーマット対応レンズでは初の、高速連続撮影時に安定した露出制御が可能な電磁絞り機構と、撥水・撥由性にすぐれ、汚れが付着しにくく、付着しても拭き取りやすいフッ素コートもあわせて採用した。

このほか、手ブレを抑えるVR機構では、「NORMAL」モード撮影時に4.0段の手ブレを補正できる。サイズは最大径80.0×長さ85.5mmで、重さは約480g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング