いい出会い、欲しいですよね。日々何かしら出会いがあるけど、ピンとくるものはないと感じている人も、そもそも出会いがないと感じている人も、素敵な出会いがあると嬉しいし、人生がよりカラフルになることでしょう。

ただの出会いを「いい出会い」として手にするには、いったいどんな心がけを持っておくといいのでしょうか。今回は、いい出会いを望む女性向けに、“やめたほうがいいこと”を5つご紹介します。

1.ネガティブに考える

「いい出会いがない」「もういい人に出会えないんじゃないか」など、出会いに関してネガティブな考えを持つのはやめましょう。同時にそういった言葉を口にするのもやめて。

「言霊」という言葉もありますよね。それに、マイナスなことを考えていると、いい出会いが寄ってきても、気持ちが落ち込んでいるために、気づきにくくなります。ネガティブな感情がいい出会いを察知するセンサーを鈍くしてしまうのですね。

「これからきっといい出会いがある」「いまがんばってる私は、そのうち必ずいい人に出会える」と前向きな考え方にシフトして。

2.過去の恋愛に引きずられる

もし、過去の恋愛に嫌な思い出や暗めなエピソードがあったとしても、それに引きずられるのはやめましょう。過去は過去、いまはいま、未来は未来。そう考えて、過去の恋愛といまはすっぱり切り分けて考えるべき。

「あんな最悪な人としか出会えなかった私には、いい出会いなんて、この先もないんだろうな」なんて思いは捨ててください。1とも関連しますが、悶々とした気持ちとはサヨナラして、後ろは振り向かず、前だけを見つめて行動して。

3.引きこもる

どうせ外に出ても出会いなんてないし。そう思い込んで、うちに引きこもるのはやめましょう。

恋活・婚活アプリなどでの出会いは別として、基本的に家の外に出ない限り、誰かと出会うことはできません。ときどきならいいですが、引きこもりデーが何日も続く生活を送っているなら、その習慣を見直すのが吉。

「週◯回は出かける」というように、自分なりの基準を設けてみてください。外に出ると確実に出会いはあります。出会いの“きっかけ”は外にたくさん落ちているからです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます