ニューヨークの不眠医療サービス研究所長サミュエル・ダンケル医師の発表によると、寝ているときの姿勢で、人が自分や周囲の世界をどう見ているかが分かるといいます。

自分の性格分析に役立ち、今後の生活の参考にもなる“ベッドで明かされる秘密”をご紹介しましょう。

仰向けで寝る人

外向的な楽天家で、スポットライトを浴びて輝くタイプです。
自信を持って楽しみながら夢を追う。夢の中でも外の世界に目を向けている。
その証拠に、ハリウッドスターの大半が仰向けで寝るらしい。

仰向けで寝る人は「自尊心がとても高い」と言えます。

胎児の姿勢で寝る人

膝を胸に引き寄せ、赤ちゃんのように体を丸めて寝る人は、内省的で思いやりがある。夢見がちな理想主義者で、迷子の子犬を助けたり、落ち込んでいる友だちをハグして元気づけようとしたりする。

胎児の姿勢で寝る人は「繊細なロマンチスト」です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます