竹内結子、女優引退後は「世界一周の船旅に」 「来年はみんなの事を考えたお願いを」

2015.7.7 16:2配信
 短冊に願いを込めた竹内結子(左)と大竹しのぶ

 映画『インサイド・ヘッド』の七夕プレミアイベントが7日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版キャストの竹内結子、大竹しのぶほかが出席した。

 少女ライリーの頭の中に存在する5つの感情の中の“ヨロコビ”の声を演じる竹内は「何があっても前向きで、みんなを引っ張っていくリーダーのような役割です」と役柄を説明し、“カナシミ”役の大竹は「ヨロコビのそばにいるからこそ悲しんでいられる。でも喜びだけじゃ人生は生きていけなくて、悲しみを知っているからこそ喜べるのだとしみじみ感じました」と語った。

 また、感情たちが少女ライリーの幸せを願い、冒険をする物語にちなんで二人は、それぞれ七夕の願い事を発表した。大竹は「カナシミに溢れても、すぐそばにいつもヨロコビがいてくれる世界になりますように。」と短冊にしたため、「一番は格好いい女性になれますようにと願いたいんですけどね」とはにかんだ。

 一方、竹内は「世界一周の船旅に行けますように。」と個人的な願いをしたため、「大竹さんは世界平和的な事を書かれているのに、私は本当に個人的な……」と慌てて短冊を隠した。さらに「この仕事を引退する日が来たら世界一周の旅に出掛けようと思っていて、そのために筋トレもしているんです。いろいろ遊びたいこともあるじゃないですか」と必死に言い訳をして笑いを誘った。

 大竹が「私はヨロコビとカナシミを入れてくださいと言われたから」とフォローするも、竹内は「私は完全に野放しだった。もしくは(言われなくても)書くでしょう? みたいな考えがあったのかも。来年はみんなの事を考えたお願いができるような大人になりたいです」と恥ずかしがっていた。

 映画は7月18日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング