【デート】「また会いたい!」と思わせる、誘いが絶えない“モテ子”のテクニック3つ

一回目のデートが楽しく終わったから、次の誘いを楽しみにしていたのに、いつまで待っても相手から連絡がない……。それはもしかしたら、デート中のあなたの態度に問題があったのかも。今回は、男性に「次はないわぁ」と思わせてしまうデート中の行動を、モテ子と比べながらご紹介します。

一回目のデートが楽しく終わったから、次の誘いを楽しみにしていたのに、いつまで待っても連絡がない……。

もしかしたらソレ、デート中のあなたの態度に問題があったのかも。2回目の誘いがないのは、自分だけ楽しんで、相手につまらないと思わせてしまったから。デートの誘いが絶えないモテ子は、そのアタリを外しません。

今回は、男子に「次はないわぁ」と思わせちゃうデート中の行動を、モテ子と比べながらご紹介します。

自分のことしか話さない

初めてのデートは緊張します。沈黙を怖がって、自分のことばかり話していませんか? 「私のことをもっと知って、魅力的だなって思って!」と、“私の押し売り”は相手を疲れさせてしまいます。

おしゃべり好きな女子は、相手が出した話題を、自分の話に結びつけてしまいがちですが、コレも「この子、俺のこと知りたいと思っていないんだな」と思わせてしまうので、デートではNG

もしも、あなたが2回目のデートに誘われないなら、彼との会話がうまくできていないのかもしれません。

モテ子はココが違う!

モテ子は、まず、相手の話をじっくり聞いて、彼がどんな人なのか知ることからはじめます。最初のデートでは、相手に質問する割合を多くして、自分の話は控え目。

そうすることで、相手はたくさん話ができたと満足し、楽しかったと感じてもらえます。そして「また会いたいな」「もっと話がしたいな」という思いになるのです。(女子会でいっぱいしゃべった後、あ〜楽しかった! と感じますよね。アレです!)

もしもデート中に、相手が「ふーん」「へぇ〜」を連発したら、それはしゃべりすぎの合図。こんな場合には「私のことばっかりしゃべっちゃった。次は◯◯さんの番!」などと言って、話手のバトンタッチをしてみてください。こう言い添えることで、退屈した空気を一掃し、話す量のバランスも修正できます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント