「EOSシリーズ」用のスピードライト、ポートレート撮影に適した大光量

2015.7.9 17:8配信
スピードライト430EX III-RT

キヤノンは、レンズ交換式デジタルカメラ「EOSシリーズ」用の外部ストロボ「スピードライト430EX III-RT」を10月下旬に発売する。税別価格は3万6000円。

ガイドナンバー43の大発光量で、35mmフィルム換算の焦点距離24~105mmに対応するポートレート撮影に適している。発光部の可動範囲は、従来機種「スピードライト430EX II」と比較して左右方向に60°拡大した、上90°、左150°、右180°で、バッテリグリップを使用した縦位置撮影でも、後方天井へのストロボ照射を可能にし、ポートレート撮影の自由度を向上した。

本体には、上位機種「スピードライト600EX-RT」のみが搭載していたキャッチライトパネルを採用し、人物の瞳にストロボ光を映り込ませることで、表情をさらに引き立たせたポートレート撮影ができる。また、白熱電球下での撮影時にストロボ光と被写体背景のタングステン光との色味(色温度)を近づけるカラーフィルターと、「スピードライトEXシリーズ」としては初のバウンスアダプタが付属する。

電波通信ワイヤレスストロボ撮影機能によって、マスターストロボ、スレーブストロボの切り替えができ、光通信ワイヤレスストロボ撮影と比較して障害物の影響を受けにくく、スレーブのワイヤレス受光部をマスターに向ける必要がないなど、自由度の高いワイヤレスストロボ撮影ができる。

電波通信によって、「スピードライト600EX-RT」や「スピードライトトランスミッターST-E3-RT」を装着したカメラとの間で、マスターカメラのレリーズに連動して、ほぼ同時にスレーブカメラを自動的にレリーズする連動撮影がでい、スレーブカメラとしても使用できる。また、光通信ワイヤレスストロボ撮影にも対応し、スレーブストロボとして使える。

電源は単3形アルカリ乾電池またはニッケル水素電池×4本で、発光回数は約180~1200回。サイズは幅70.5×高さ113.8×奥行き98.2mmで、重さは約295g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング