定番ギターアンプ「ジャズコ」に小型モデル、40周年に出力40Wモデル

2015.7.9 17:15配信
JC-40

ローランドは、ギターアンプ「ジャズ・コーラス」が2015年に40周年を迎えることを機に、出力40Wモデル「JC-40」を秋に発売する。価格はオープン。

「ジャズ・コーラス」ならではの、ステレオアンプとステレオスピーカーによる「JCクリーン・トーン」と、一方のスピーカーからダイレクト音、もう一方から周期的にピッチ(音の高さ)を揺らせた音を出力し、空間で混ぜ合わせることで独特の広がり感のある、あたたかく美しいサウンドを生み出す「空間合成コーラス」を継承した。

持ち運びやすいコンパクトサイズながら、外側に鋲を打ちつけるとともに、コーナーにプロテクターを施した「ジャズ・コーラス」伝統の堅固なつくりも受け継いでおり、安心して持ち運べる。このほか、ステレオ入力にも対応しているので、エフェクターから出力したステレオ音声信号を1台で表現できる。

「ジャズ・コーラス JC-120」(出力120W)は、1975年の発売で、「JCクリーン・トーン」が多くのギタリストから支持されてきた。また、独特のコーラスサウンドや、ハードな使用にも耐える本体の堅牢さから、世界中のライブハウスやレコーディングスタジオ、リハーサルスタジオで使用されている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング