乾電池でも駆動するBluetooth対応「テプラ PRO SR5500P」、ラベルソフトには翻訳機能を追加

2015.7.9 17:20配信
シリーズで初めてBluetooth接続に対応した「テプラ PRO SR5500P」

キングジムは、ラベルライター「テプラ」PROシリーズの新製品として、Bluetooth接続に対応した「テプラ PRO SR5500P」を7月31日に発売する。税別価格は1万8000円。

「テプラ」シリーズで初めてBluetooth接続に対応。BluetoothでiOS端末と接続し、iOSアプリ「TEPRA LINK」で作成したラベルを簡単に印刷することができる。また、PC接続専用機で初めて電池駆動に対応し、電源のない場所でも使用することが可能。

PC上でラベルのレイアウトや文字を編集し、デザイン性の高いラベルを簡単に作成できるWindows用ラベルソフト「SPC10」をキングジム公式サイトでダウンロードすることが可能。新たに15言語の翻訳機能を追加した。外国人観光客のインバウンド施策として、駅や観光施設、飲食店などでの案内表示に多言語ラベルを活用できる。iOSアプリには17言語の翻訳機能や、ユーザーからの要望が多かった縦書き機能を追加した。

サイズは幅約54×奥行き132×高さ146mmで、重さは約440g(乾電池・テープカートリッジ除く)。カラーはブルー。電源は、別売の単3形アルカリ乾電池×6本のほか、付属のACアダプタも使える。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング