内野聖陽、日本・トルコ合作映画で医者役 「人を助けたいという良心を演じた」

2015.7.9 18:17配信
忽那汐里(左)と内野聖陽

 映画『海難1890』のクランクアップ会見が9日、東京都内で行われ、出演者の内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、田中光敏監督ほかが登壇した。
 この作品は、125年前に和歌山県樫野崎(現在の串本町)沖で起きた「トルコ軍艦エルトゥールル号海難事故」と、その95年後にテヘランでトルコ人が日本人を救出した「イラン・テヘラン在留邦人救出事件」を題材とした日本・トルコ合作映画。
 「エルトゥールル号編」で、けが人の手当に奔走する田村という医者を演じた内野は、「歴史的な事件にはうわさや誇張がつきもの。これももしかしたら事実とは違うことがあるかもしれない」とした上で「資料を読んでいく中で、彼らには目の前にいる人を助けたいという良心だけは確実にあったと感じた。それを田村に反映させました」と役づくりを振り返った。
 忽那は「エルトゥールル号編」で田村の治療をサポートするハル、「テヘラン救出編」でテヘランにある日本人学校の教師・春海と、一人二役を熱演。
 「この2人を通して、何世代にもわたって人を思う気持ち、絆が受け継がれているということを(伝えようと)責任感を持ってやりました」とあいさつ。トルコでの撮影にも参加し「文化の違いやいろんな壁を乗り越えながらこの作品に参加できたことを誇りに思っています」と胸を張った。
 また、この事故について「テレビ番組で知っていた」という内野は、「トルコでは5年生の教科書に掲載され歴史的事件として知られているのに、日本人には知らない人が多い」と両国間の認知度の差についても言及。
 「こういう作品はフィクションであっても映像作品として残っていくべき。撮影現場は大変だったけど、どうにかこの作品の心だけは伝えたい」と熱い思いを語っていた。
 映画は12月5日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング