宮脇咲良「17歳で写真集を出したかった」を実現 神7入りも「悩むことばかり」

2015.7.9 19:55配信
自身のファースト写真集『さくら』の発売記念イベントを行った宮脇咲良

 HKT48の宮脇咲良が9日、東京都内で自身のファースト写真集『さくら』の発売を記念して、握手会を行った。
 AKB48グループのヤングエースとして活躍する宮脇は、自身初の写真集に「17歳で写真集を出したいと思っていたので、まさかこのタイミングで夢がかなうとは」と感激の様子。王道の制服ショットや水着ショットはもちろん、幼少期の写真やエピソードも満載の同書を「私の人生、今の私が詰まった1冊になっています」と笑顔でアピールした。
 今年の選抜総選挙では自己最高位の7位を獲得し“神7”入りを達成。ステージ上のスピーチでは「AKBを壊したい」と野心を露わにしていたが、実際のところは「前に踊っている先輩たちを見ると、自分の実力のなさとか、これからどうしていったらいいんだろうと悩むことばかり」と本音を告白。今後について「私の実力ではまだまだAKB48グループを引っ張っていけないけど、今年1年、先輩からいろんなことを学んでいきたい」と抱負を語った。
 また先日の横浜アリーナでは、指原莉乃が総選挙で1位になったときの公約として掲げていた「水着ライブ」を実現したことについて「さっしーって本当に皆さんが思っている以上にかわいくてスタイルがいい」と絶賛した宮脇は、「来年自分が1位になったら?」と水着ライブを勧められると「1位になりたいという思いはまだない。あそこまで脱げるさっしーが目の前にいてくれるのでゆっくり学んでいけたら」と控えめ。
 また同書を一番初めに指原に見せたと言い「1ページめくるごとにかわいい、かわいいと連呼していました」とうれしそうに明かした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング