前作を上回る満足度で『シャーロック・ホームズ』がランキング首位に

2012.3.12 16:23配信
『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』

「ぴあ」調査による3月10日公開の映画・満足度ランキングは、ロバート・ダウニーJr.主演のシリーズ第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』がトップに輝いた。2位に探査機“はやぶさ”の偉業を描いた藤原竜也主演の人間ドラマ『おかえり、はやぶさ』が、3位に韓国の人気俳優カン・ドンウォンとコ・スの共演による『超能力者』が入った。

その他の写真

1位の『シャーロック・ホームズ…』は、前作に引き続きガイ・リッチーが監督を務め、ロバート・ダウニーJr.とジュード・ロウが名コンビ、ホームズとワトソンに扮するアクション・サスペンス。出口調査では「先の展開が読めないのでワクワクした。『3』が作られたらぜひ観たい!」「カット割りや盛り上げる演出などエンタテイメント性が高い。伏線が張られているので最後まで気が抜けない」「前作と比べてホームズのキャラが弾けていて変装し過ぎだけど、女装は最高!」「ジュード・ロウが活躍していてうれしい」「前作に引き続きスピード感のある展開がいい。ふたりの絆の深まりを感じた」「ホームズとモリアーティ教授との緊張感のある対決シーンがよかった」など、20代を中心に高い満足度を集め、前作『シャーロック・ホームズ』の満足度83.6点を上回った。

2位の『おかえり、はやぶさ』は、オリジナルドラマを盛り込み“はやぶさ”の帰還に携わった人々の功績を全編3Dで描いた作品。アンケート調査では「仕事をするJAXAの人たちがとってもカッコよかった」(5歳)、「いろいろな惑星や宇宙のことを知ることができて楽しかった」(13歳)、「開発者たちの苦労や先人たちの夢、知識を伝承していく姿を鮮明に描いた心に響く作品」(58歳)、「宇宙を疑似体験できる映像がよかった」(73歳)など、家族連れから好評。中には「はやぶさの映画はすべて観たが、それぞれ視点が異なっていて違った見方ができる。3作全部観る価値がある」というコメントもあった。

(本ランキングは、2012年3月10日(土)に公開された新作映画6本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング