Car tires on winter road covered with snow. Vehicle on snowy way in the morning at snowfall

私は普段は、雪とはまったく縁がない、神奈川県の沿岸部に住んでいます。冬の一時期だけ、取材で全国のスキー場を駆け回り、また、子どもたちをスキーやスノーボードに連れていくため、雪道を運転します。

今ではもう、経験を重ねて、雪道にもかなり慣れましたが、当初は滑り止めの準備にしても、運転にしても、手探りでしたし、また雪国在住ではないために知らなかったこと、気づかなかったことも多々ありました。

これらの経験を元に、首都圏や都市部在住で、雪道の運転がまったく初めて、あるいは経験の少ない方向けに、雪道運転の基本のキから、知っておくと役立つ知識まで、10の情報をまとめて紹介します。

※以下は、小型〜中型の乗用車を想定した内容です。大型のバンやバス、トラックなどには当てはまらない項目もありますので、ご注意ください

1. 冬用タイヤがあればチェーンは不要

冬用タイヤ(スタッドレスタイヤなど)を購入するときに悩むのが、タイヤチェーンを一緒に購入するかどうか。「冬用タイヤでも、タイヤチェーンはあったほうがいい」という話もありますが、実際はどうなのでしょうか。

結論を言うと、ただ高速道路や市街地を走って、スキー場へ行く程度であれば、タイヤチェーンは不要です。冬用タイヤがあれば、圧雪路だろうが、アイスバーンだろうが、しっかりグリップしてくれます。

もちろん、タイヤチェーンが必須、と言える状況もあります。たとえば、猛吹雪の山道で、除雪が間に合わず、路面に新雪が20cmも30cmも積もってしまい、道なき道を進まなければならないようなケース。

ですが、そもそもこんな状況では、車を走らせよう、と考えること自体が無謀です。スノーレジャーに使う程度であれば、タイヤチェーンの出番はまずない、と言っていいでしょう。

2. 4WD(四輪駆動)車である必要はない

雪道は4WDまたはAWD(四輪駆動)でなければいけない、というイメージがあるかもしれませんが、2WD(二輪駆動)でも、前輪駆動(FF)車であれば、問題なく走行できます(後輪駆動(FR)車は難易度が跳ね上がり、おすすめできません)。

上記のとおり、冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)さえしっかり装着すれば、タイヤチェーンも不要です。私自身も、FF車+スタッドレスタイヤで、スキー場取材を駆け回っていた時期もありますし、雪国でも当たり前のようにFF車は走っています。

4WD(四輪駆動)が有利なシーンももちろんあり、新雪やアイスバーンでスタックしにくい(脱出しやすい)、坂道発進が安定する、など、雪道運転ビギナーの経験不足を助けてくれるので、もしレンタカーなどの場合で選べるなら、4WD(四輪駆動)を選ぶメリットはあります。

3. 4WDでも、冬用タイヤがなければ走行できない

上記のとおり、4WD(四輪駆動)が有利なシーンはあるのですが、過信は禁物です。ブレーキを踏んだり、カーブを曲がったり、という状況では、4WDであるメリットはまったくない、と言っても過言ではありません。

たとえば、いかに4WD(四輪駆動)といえども、雪道では、冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)がなければ走行はできません。2WD(二輪駆動)よりも限界が上がる、といったことは一切ありませんので、絶対に冬用タイヤを装着してください。

実際、私も、免許取り立ての若い頃ですが、四輪駆動の大型SUVを廃車にしてしまった経験があります。

下り坂のどん詰まりにカーブがある道路で、カーブを曲がるために減速しようとエンジンブレーキをかけたところ、路面が凍結しており、タイヤがロック。ただの大きな鉄の塊になり、標識をなぎ倒しました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます