金額の大きい消費がムダづかいだと考えるのは勘違い?

最近、「お金持ちの習慣」とか「お金が貯まる人の習慣」のような本がベストセラーになっていますが、お金が貯まる人のお金の使い方で、ほぼ間違いなくいえるのは「ムダづかいが少ない」ということでしょう。

お金がムダに消えていく人がお金が貯まらないのは当然の話です。しかし、普通の人は「たくさん金額を使うことがムダづかい」だと誤解しています。

5万円かけて、旅行に出かけることは、ムダづかいだと思う人がほとんどです。これに対して100円ショップでなんとなく数百円使って、たいして使わず捨ててしまうようなものをムダづかいと思わない人もほとんどです。

どちらも間違いです。実は「金額の大きい消費がムダづかいではない」からです。上手にお金を貯められる人は、高額の消費もしています。

お金を貯められる人とそうでない人の違いは何かというと、使ったお金の金額ではなく、「無感動の消費のことをムダづかい」という事実を知っているかどうか、です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます