倦怠期…できることなら来てほしくないですよね。

時が経ってもラブラブなふたりでいたい。そんな方向けに以前、「ずーっと一緒にいても飽きない! 「倦怠期知らず」なカップルの“3つの習慣”」という記事を書きました。

記事内でみんなの倦怠期についてリサーチしたところ、実にたくさんの意見が集まりました。

今回は、みんなの声を元に「倦怠期を解消する方法」をご紹介します。

4割以上が「倦怠期になったことがない」

はじめに、「付き合ってからどれくらいで「倦怠期」になった?(※最短で)」との問いには、こんな結果が出ました。

倦怠期になったことはない(43.1%)
半年くらい(15.5%)
3ヶ月未満(14.3%)
1年くらい(11.5%)
3年くらい(6.2%)
2年くらい(7%)
4年以上(2.4%)

なんと4割以上が倦怠期・未経験の方。同じく4割以上が数ヶ月〜1年程度で、倦怠期になったことがあると実感していました。倦怠期は意外と早くやってくる?

倦怠期の解消方法は十人十色

続いて、「倦怠期の解消方法」を聞いてみました。まずは「倦怠期になったことがない」派の意見から見てみましょう。倦怠期になっていないぶん、とても説得力がある内容です。

溜め込まない

「普段から思っていることをちゃんと言い合う」

「少しでもあれ?と思うことがあったらすぐに言う 倦怠期かな?と思ったら『最近なんか倦怠期じゃないー?』と話を持ちかけて、LINEでもいいから落ち着いて話し合いをする」

言いたい、気になると思っていることを溜めに溜めた後、爆発したかのようにぶちまけるのは、倦怠期どころかふたりを破局に導く可能性も…。

体の健康と同じように「悪いものを溜めない」ことが、ふたりの健やかな関係性を保ちます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます