『リアル鬼ごっこ』ヒロインが“鬼”かわら割りに挑戦!

2015.7.11 21:27配信
(左から)篠田麻里子、トリンドル玲奈、真野恵里菜

園子温監督の最新作『リアル鬼ごっこ』の初日舞台あいさつが7月11日に、新宿ピカデリーで行われ、園監督をはじめ、ヒロインを務めるトリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜が出席。3人の主演女優は、“鬼”かわら割りに挑戦し、全員が見事8枚のかわらを割ってみせた。

“鬼”かわら割りに挑戦!その他の写真

「感想? 痛かったです(笑)」(トリンドル)、「痛くはないです。大丈夫ですよ」(篠田)、「気持ち良かった!」(真野)と笑顔を見せると、園監督は「まさか割れるとは思わなかった。ちょっと怖くなっちゃった」と戦々恐々。

山田悠介による人気小説シリーズを、園監督が完全オリジナルで脚色し映画化。過去の小説や映画でターゲットとなった“佐藤さん”や“B型の人”に代わり、本作では“JK(女子高生)”が標的となり、捕まったら命を落とす不条理な死のゲームに強制的に参加させられる。「ジェットコースタームービーとして楽しんでもらえれば」(園監督)。

映画初主演を飾ったトリンドルは、「うれしいです。皆さんの拍手を聞いてウルウルしちゃいました」と感無量の面持ち。篠田も「クレジットに自分の名前があり、震えが止まらなくて。初日を迎えて、映画が旅立ったと実感している」と感激しており、ふたりの姿に真野も「胸がいっぱい。泣きそうです」と熱い思いを共有していた。

現場で経験した園監督とのエピソードを聞かれると、「もっとパッションを、と言われた」(トリンドル)、「いつもは篠田さんって呼ぶのに、ある日急にマリちゃんって呼ばれて、ドキッとしました」(篠田)、「衣装合わせで、監督が『ポニーテール真野ちゃん、いいね』とおっしゃって、即決した」(真野)。園監督は「不思議なキャスティングだけど、いいバランスで良かったと思います」と話した。

『リアル鬼ごっこ』公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング