コミコン現地リポート 今年のコスプレイヤーの動向は?

2015.7.11 21:14配信
DCブースで人気のバットマンとスーパーマン

今年も7月8日の前夜祭から12(日)までサンディエゴ・コミコンが開催されている。今年はマーベルの大きなパネル(プレゼンテーション)がない代わりに、木曜日のディズニー/ルーカス・フィルム(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)、金曜日のワーナー/DC(『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』)、20世紀フォックス(『ファンタスティック・フォー』、『X-Men:アポカリプス(原題)』、『デッドプール(原題)』)の期待が高まっている。

コミコン2015/その他の写真

そのせいか全体的に、これらに関連したコスプレイヤーが多くみられる。特にワーナー/DC映画で、期待の『スーサイド・スクワッド(原題)』というバットマン系の悪役ばかり登場する映画にちなみ、本作でマーゴット・ロビーが演じる女ジョーカーことハーレイ・クインのコスプレをした女性は多い。

DCのブースでは、『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(日本は2016年3月公開)に登場するスーパーマン、バットマン、ワンダー・ウーマンの展示がなされ、写真を撮る人でいっぱい。また毎年、レゴで再現した映画キャラの展示が話題のレゴ・ブースでは、日本でも絶賛公開中の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』や、8月5日(水)より公開される『ジュラシック・ワールド』、そして『スター・ウォーズ…』(日本は12月18日公開)のトゥルーパーが飾られていた。

『コミコン2015』
7月8日 前夜祭
7月9日~12日(日)

取材・文・写真:杉山すぴ豊

いま人気の動画

     

人気記事ランキング