A:下を向いていた……本音を隠して謝る

顔を見せず下を向いてしまっていたと思うあなたは、相手の顔色ばかり伺ってしまうタイプ。

喧嘩をした時にも、なるべく短く済むように自分の本音を隠して話す傾向があります。

すぐ謝って済まそうとするため、あまり同じことを繰り返してしまうと、謝りすぎが原因で喧嘩になってしまうこともありそうです。

時にはしっかり自分の意見をいうことも大切です。

B:口を大きく開けて笑っていた……思ったことをはっきり言う

喉の奥まで見えるように口を開けて笑っていたと思うあなたは、とっても正直者なタイプ。

喧嘩をするときも、自分の考えをはっきり言って相手と向き合いたいと思っているでしょう。

自分の意見を納得するまで引き下げることはないため、相手がうんざりしていてもやめられないしつこい一面もありそうです。

相手の意見もしっかり聞いて受け入れる姿勢が大切でしょう。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます