中山優馬「自分は美青年だと受け入れて生きていく」 「ドリアン・グレイの肖像」で初座長

2015.7.13 17:37配信

 舞台「ドリアン・グレイの肖像」の制作発表が13日、東京都内で行われ、出演者の中山優馬、徳山秀典、舞羽美海、仲田拡輝(ジャニーズJr.)、金すんらほかが出席した。

 本作の原作は、19世紀末に書かれたオスカー・ワイルドの長編小説で、これまで幾度も映画化、舞台化されてきた。純粋無垢(むく)で圧倒的な美貌を持つ青年が、永遠の若さを持つ自身の肖像画に嫉妬するが、彼が背徳に溺れていく中で、肖像画も醜く変化していく…という幻想的なストーリー。

 初のストレートプレーで初主演を務める中山は「自分の持てる力を出し切って頑張りたい」と意気込みを語った。

 演じる役と自身の似ているところを問われた中山は「似ているところを探すのは難しいけど、あえてこう答えます。美青年であるというところです」と語り、にやりと笑った。「いろいろなところで、お世辞かもしれませんが『ぴったり』と言っていただけるので、(自分は)美青年だと受け入れて生きていこうと思います」と語り、会場を沸かせた。

 稽古は12日からスタートしたが、共演者は口ぐちに中山の座長ぶり、美青年ぶりを絶賛。中山は「今まで共演してきた先輩方が何をしていたかを思い出している」そうで、早速特製のTシャツを50枚ほど用意し、稽古場で共演者やスタッフに配ったとのこと。

 また、舞台では、ハープシコード(チェンバロ)での弾き語りのシーンがあり、中山はこの日の会見ではピアノ演奏を披露した。1~2カ月前から練習を始め、家でもキーボードで練習に励んでいると言うが、演奏後は「こんなに緊張するものかと。本番が楽しみになってきました」と笑顔を見せた。

 一方、ストレートプレーには初挑戦の仲田も「(ポスターなどの)“仲田拡輝(ジャニーズJr.)”という表記でほかの方の2倍スペースを取っているので、これは2倍頑張れということだと思って頑張りたい」とやる気をみなぎらせた。

 舞台は8月16~18日、9月1~6日に都内、新国立劇場、8月22~26日に大阪、森ノ宮ピロティホール、8月29、30日に福岡、キャナルシティ劇場で上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング