【飲み会】職場、プライベートで使える「上手なお酒の断り方」6パターン

暑さもいよいよ本格的になり、飲み会の回数も増えてきますね! お酒が好きな人にとっては楽しい季節だけど、飲めない人や苦手な人にとっては、毎回断るのも苦痛なはず……。今回は、「相手を不快にさせないお酒の断り方」を紹介していきます。

これから夏に向けて、飲み会の回数も増えてきますよね。お酒が飲めない人や、苦手な人にとっては、毎回飲み会を断るのも苦痛のはず。ただ、そっけなく断られても、誘う側としても気持ちよくありませんし、断る側としても毎度のことで心苦しく感じている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、飲み会に誘われたときや、お酒を勧められたときに使える、相手を不快にさせないお酒の断り方を紹介していきます。

使える! 上手な飲み会の断り方

体調不良

当日いきなり誘われたときには、「実は今朝から頭が痛くて」「最近風邪気味で」など、体調が悪いことをアピールしましょう。体調不良の人を無理やり参加させようという人はあまりいないでしょう。しかしときにはそれでも誘ってくる人もいるかも。

そんなときには、「ごめん、さっき薬飲んじゃって」「明日に響きそうだから」など、もっともらしい理由をつけてきっぱりお断りしましょう。

先約がある

これは、急に誘われたときにも、そうでないときにも使えます。考えられる「先約」の内容としては色々ありますが、「宅急便(または工事の人)が家に来るから家にいないといけない」「親が田舎から来るので世話をしないといけない」「歯医者の予約をしている」などは会社でもプライベートでもオールマイティに使えます。

「他の飲み会に参加する」でもオッケーだと思いますが、会社などで使うときは、「お世話になった方の激励会」「子供の学校の親の会」などより社会性の高い内容にすると、あなたの評判を下げることもないでしょう。

筆者としては、上記二つが一番あたり触りなく、会社でもプライベートでも使える飲み会の断り方ではないかと思います。しかし、いつも同じ理由で断るわけにもいきませんよね。

では他にも、デメリットはあるけれど使える、またはよりプライベートな飲み会で使える、断り方を紹介していきましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント