スピルバーグ、『ジュラシック』新作監督を絶賛!

2015.7.15 20:44配信
コリン・トレボロウ監督

米映画『ジュラシック・ワールド』のジャパンプレミアが7月15日に、都内で行われた。スケジュールの都合で来日が実現しなかったシリーズ生みの親である製作総指揮のスティーブン・スピルバーグがビデオメッセージを寄せ「コリン・トレボロウが見事に監督を務めあげた」とその才能を絶賛した。

ジャパンプレミアその他の写真

ジャパンプレミアには、トレボロウ監督をはじめ、出演するブライス・ダラス・ハワード、ニック・ロビンソン、タイ・シンプキンスが出席した。この日は、世界規模で展開したプロモーションツアーの最終日。すでに2015年度興収ナンバー1映画に躍り出て、全世界興収の歴代トップ5入りを果たしており、監督とキャスト陣は感無量の面持ちだった。

シリーズ第1作『ジュラシック・パーク』から22年。当時、計画が頓挫したものの、現在は多くの観光客が押し寄せる人気スポットとなった“ジュラシック・ワールド”を舞台に、遺伝子操作された新種の恐竜“インドミナス・レックス”が暴走したことで、誰もが安全に恐竜と触れ合えるはずだった園内はパニックになる。

トレボロウ監督は「語り継がれるべきストーリーを“再発信”するという役目を果たすことができた」と誇らしげ。その上で「2世代のコラボレーションで実現した作品」だと語り、「私たちがなぜ映画館に行くべきか、思い出させてくれる作品だと思う。映画こそみんな一緒に笑ったり、叫んだり、感動を共有できるエンターテインメントなんだ」と熱弁した。

【スティーブン・スピルバーグ がジャパンプレミアに寄せたメッセージ】
みなさん、こんにちは。プレミアに参加できず申し訳ありません。日本に行きたかったのですが、現在2本の映画を制作しており、LAで多忙な日々を送っています。『ジュラシック・ワールド』が世界中で映画史上最高のオープニング興行収入を達成したことを誇らしく思います。総興行収入も10億ドルを突破しました。世界中が期待しているテーマパークがオープンし、8月5日にはついに日本で公開されます。日本でも大ヒットすることを願っています。才能あふれるコリン・トレボロウが見事に監督を務めあげ、シリーズ最新作が完成しました。ぜひ映画をお楽しみください。どうも、ありがとう。

『ジュラシック・ワールド』
8月7日(金)より全国公開

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング