浦井健治、『トロイラスとクレシダ』で王子役を熱演

2015.7.16 12:40配信
世田谷パブリックシアター+文学座+兵庫県立芸術文化センター『トロイラスとクレシダ』 撮影:細野晋司 世田谷パブリックシアター+文学座+兵庫県立芸術文化センター『トロイラスとクレシダ』 撮影:細野晋司

シェイクスピアが遺した全37作の戯曲のなかで、喜劇とも悲劇とも分類困難な「問題劇」とされる『トロイラスとクレシダ』。この作品に演出の鵜山仁、主演の浦井健治が果敢に挑む。世田谷パブリックシアター、文学座、兵庫県立芸術文化センターによる共同制作作品として上演される今作が7月15日に開幕した。

舞台『トロイラスとクレシダ』チケット情報

時はトロイ戦争の頃。トロイの王の息子・トロイラスがクレシダという美女に恋をしている。ふたりは永遠の愛を誓うが、トロイを裏切ったクレシダの父によって、クレシダはギリシャに引き渡される……。主人公が死ぬこともなく、裏切り者が殺されることもないことが「問題劇」といわれるゆえんだ。

舞台奥には高くそびえ立つ石段、中央には客席側に向かってやや傾斜のついた円形のステージ。ステージの上には赤と白、2枚の大きな布がかかげられている。最初に登場した序詞役の小林勝也が客席に向かって語りかけると、観客は一気に劇世界に引き込まれる。シェイクスピアならではのせりふ回しはふんだんにありながらもテンポよく物語が展開していくため、すんなりと話に入っていくことができる。登場人物たちの行動や気持ちが、決して過去のものではなく、いま現在の私たちと変わらないものとして感じられる。彼らが身にまとう現代的な衣装も、そんな感覚にとらわれる一因だろう。

トロイラス役の浦井健治は、かつて鵜山とタッグを組んだ超大作「ヘンリー六世」で大きな成長を遂げた。その頃からさらにさまざまな舞台を経験し、大きくなった浦井は、今作でも作品の中心に立ち、個性あふれる文学座の面々と堂々わたりあっている。恋人と思いを通じあわせたときの甘やかな口調、一転彼女の裏切りを知ったときの戸惑いに満ちた表情、ひとりの男の大きな振り幅を存分に演じていた。

ギリシャ将軍・アキリーズを演じる横田栄司が客席を沸かせる手腕はさすがの一言。クレシダを演じるソニンや、クレシダの叔父でトロイラスとの間をとりもつパンダラス役の渡辺徹の熱演も記憶に残る。

象徴的な赤と白の幕が場面転換を巧みにあらわし、生演奏の音楽が舞台をいっそう盛り上げる。じつに贅沢でエンターテイメント性に満ちた作品でありながら、幕が下りたときに自分の置かれたいまという時代について考えを巡らさずにはいられない。「問題作」が現代に突きつけるものは大きい。

公演は8月2日(日)まで東京・世田谷パブリックシアター、8月15日(土)から16日(日)まで兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールにて上演。石川、岐阜、滋賀公演あり。チケット発売中。

取材・文/釣木文恵

いま人気の動画

     

人気記事ランキング