トランセンド、警察官や警備員に最適なウェアラブルカメラ「DriveProBody 10」

2015.7.16 17:12配信
ウェアラブルカメラ「DrivePro Body 10」。耐衝撃性やIPX4相当の耐水性を備え、警察官や警備員のセキュリティにも対応する

トランセンドは、警察官や警備員のセキュリティに適したウェアラブルカメラ「DrivePro Body 10」を今夏リリースする。価格はオープンで、実勢価格は未定。

F値2.8、160°のワイドアングルレンズ、1080P(30fps)フルHD録画機能、1530mAhのリチウムポリマーバッテリ、暗闇での撮影に対応する赤外線LED、静止画撮影ができるスナップショットボタンなどを搭載するウェアラブルカメラ。耐衝撃性やIPX4相当の耐水性も備え、警察官や警備員のセキュリティに対応する。

動画フォーマットはH.264(MOV: 最大1920x1080 30fps)。フル充電時の録画時間は最大3.5時間。無料で提供するWindows用ソフトウェア「DrivePro Body Toolbox」を利用することで、撮影データに日時情報を設定したり、PCと接続をした際に自動でバックアップを取ることが可能。専用ソフトの対応OSはWindows 8.1/8/7。接続はMac OS X 10.8.2以降にも対応する。

サイズは、88.4×52.2×19.6mmで、重さは108g。360°回転するクリップを背面に備え、さまざまな服装に装着することができる。対応メディアは、Class6以上の32/16/8GBのmicroSDHCカード。耐久性に優れたMLC NANDフラッシュを使用した32GB microSDHCカードが付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング