「結婚」のハードルは高くない!? 既婚男性が結婚相手に“妥協”したこと3つ

2015.7.19 6:30

世の既婚男性たちに「結婚相手を選ぶときに妥協したこと」についてリサーチしました。容姿や収入、家柄などを重視する人もいますが、実はあなたが思っているほど結婚のハードルは高くないのかもしれませんよ?

そろそろ本気で結婚したいけど、周りの男性たちは「芸能人の●●似がイイ!」「女はロングヘアでしょ」「家柄のイイ子がいいな」なんてよく分からないことを言ってるし…。

「私ってこのまま一生独身なの?」

いえいえ、そんなに落ち込む必要はありませんよ。既婚男性たちに「ぶっちゃけ結婚相手を選ぶときに妥協したこと」を暴露してもらったところ、意外と結婚のハードルが低いことが分かりましたよ。

1:収入

「もちろん多い方がイイけど、家のことをやってくれるなら別にいいかな」(36歳・建設)

結婚すると、家賃や光熱費、車のローンなど、なにかと出費がかさむもの。でも、二人で協力すれば、たとえ収入が少なくても何とかなるんです。

もし将来的には家庭に入ることを望んでいるなら、男性に勤務先や給与を聞かれたとき、見栄を張る必要はありません。率先して家事や子育てをすることを伝えれば、結婚の可能性が高まりますよ。

2:ルックス

「どんなに美人でも、年齢を重ねれば変わってくるものでしょ?」(32歳・メーカー)

“美人は三日で飽きる”と言われていますが、やっぱり同じ屋根の下にタイプの女性がいると、ふとした瞬間に気分が上がるんだとか。

でも、それは誰もが認める“美人”や“巨乳”である必要はありません。年齢相応のファッションやメイク、仕草など、いつまでも女性らしさを忘れないことが大切ですよ。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント