2015年7月9日から2015年8月31日の54日間、東京ディズニーシーでは「ディズニーサマーフェスティバル」を開催。年間パスポート持ちのママライターが、子どもと一緒に夏ディズニーを楽しむための3つのポイントをご紹介します。

アクアトピア ©Disney

2015年7月9日から2015年8月31日の54日間、東京ディズニーシーでは「ディズニー・サマーフェスティバル」を開催。

年間パスポート持ちのママライターが、子どもと一緒に夏ディズニーを楽しむための3つのポイントをご紹介します。

 

2大すぶ濡れポイント

夏ディズニーといえばずぶ濡れ! 親子そろって全力ではしゃげるのが夏ディズニーの魅力ですね。

東京ディズニーシーのずぶ濡れポイントは2つ

  • 散水ショー「ミニーのトロピカルスプラッシュ」
  • 噴水公園「ウォーターフロントパーク」

※この他にも、じんわり濡れるクールスポットがあるので探してみてくださいね。

東京ディズニーシー屈指の2大ズブ濡れポイントですが、1つはショー、もう1つは噴水公園と違いはありますが、どちらもパンツまでぐっちょりいきます。

 

ミニーのトロピカルスプラッシュ ©Disney

ミニーのトロピカルスプラッシュ」は、メディテレーニアン・ハーバーで1日3回公演される散水ショーです。

詳細:ウレぴあ総研 【TDSサマーフェス速報】2015「ミニーのトロピカルスプラッシュ」各キャラの動きを最速解説!【写真30枚】

朝から夕方までたくさんの人がこのショーを楽しみにしているのですが、僅かな待ち時間で鑑賞できる「キッズエリア」が用意されています。

キッズエリアで鑑賞した子どもたちは口々に「ジゴクのシャワー!」「息ができない!」とショーの感想とは思えない言葉を口にしながら「もう一回見よう!」と誘ってきます。

大人が入ることができないこのエリアで、一体どんな放水がおこなわれているのか…
真相はお子さんにご確認ください。

キッズエリアはエントランスから左に進んだ坂道、ジェラート屋の前あたりにあります。

少しわかりづらいので、現地で緑の服をきたずぶ濡れキャストにご確認ください。

もうひとつのずぶ濡れポイントは、タワーオブテラーの前にある公園「ウォーターフロントパーク」です。

音楽に合わせて噴水が飛び出るこの公園は、夏季限定のウォータープログラムではなく、暑くなると噴水に突っ込んでいく人が増えるごく普通の公園です。

1日3公演のショーは異なり、延々と遊ぶことができるので、気が付くと2〜3時間水遊びをし続けていることもある、子どもの天国、大人にとっては非常に恐ろしいスポットです。

公園の近くには、ポップコーン・ホットドッグといったクイックフードやアルコールを販売しているショップが多く立ち並び、ベンチでひなたぼっこをしながら、子どもの水遊びに付き合うことができます。

ディズニーらしくない!といわれることもありますが、さいっっっっこうに楽しいので、ショーでずぶ濡れになった後などに是非お試しください。

 

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント