【花燃ゆインタビュー】田中麗奈「美和と共に成長していく姿をご覧いただければと思います」 長州藩主、毛利元徳の正室、銀姫役

2015.7.18 12:52配信
毛利元徳の正室、銀姫役の田中麗奈

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、長州藩最後の藩主、毛利元徳(三浦貴大)の正室、銀姫を演じている田中麗奈。息子の元昭の養育係を務める美和(文から改名=井上真央)らと共に、幕末の混乱に巻き込まれていく銀姫。最初は複雑な心境だったものの、美和の人柄に触れ、徐々に心を開いていく銀姫の思いを田中が語る。

 

-銀姫の魅力は?

 情に厚い人です。だからこそ、人の情をちゃんと持っている美和に引かれたのだろうと思います。最初は美和に対して「気に食わぬ」と言ってはいますが、その中には「感動した」という気持ちも込められていたのではないかと思います。共に成長していく姿をご覧いただければと思います。

-銀姫は言葉はきついけど、フェアなところがありますね。

 銀姫は人を公平に見ていますね。次世代を感じさせるような役柄なので、しきたりだけにとらわれずにやっていくことを大切にしています。

-印象に残っているせりふはありますか。

 銀姫が美和に向かって「そのように温かく懐かしいものを何より大事にするそなただからこそ、私はそなたを信じた」と言った後に、「今まで誠によう尽くしてくれました」と言うシーンです。銀姫が美和の行動に感心し、言動に心を打たれたからこそだと思います。

-しゅうとめに当たる都美姫(松坂慶子)との静かなる戦いはいかがですか。

 二人とも陰でこそこそする感じではないですし、気持ちのいい健康的な戦いだと思います。

-女性ばかりの現場ですね。

 男性の方が入ると「居心地が悪いな、居づらいな」とおっしゃっています(笑)。女性同士だと、自然と美容や健康にまつわる話題になりますね。女性ばかりの撮影現場ならではだなと思いました。

-殿である三浦さんの印象は?

 夫婦二人のシーンがあり、その時にたくさんお話させていただきました。とても穏やかで温かみのある方という印象があります。

-殿としてはいかがですか。

 寛大ですね。銀姫の性格をよく理解していて、見守ってくれている感じがします。理想的な旦那さんではないでしょうか。

-母親としての銀姫はどんな感じなんですか。

 母親になって、銀姫のイメージが丸く柔らかくなれば良いですね。母としてのおおらかさもあり、けれども美和とのやり取りの中では、今までの銀姫らしく粋なところも表現していきたいです。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング