NEC、8インチと10.1インチのAndroidタブレットを7月23日に発売

2015.7.21 17:51配信
LAVIE Tab E TE508/BAW

NECパーソナルコンピュータは、エントリークラスのAndroidタブレット端末「LAVIE Tab Eシリーズ」の新製品として、8インチの「LAVIE Tab E TE508/BAW」と、10.1インチの「LAVIE Tab E TE510/BAL」の2機種を7月23日に発売する。

「LAVIE Tab E TE508/BAW」「LAVIE Tab E TE510/BAL」ともに、国内メーカーのタブレット端末としては初めて、ドルビーアトモスに対応し、映画館のような臨場感溢れるサラウンドサウンドでコンテンツを楽しめる。

このほか、マニュアルやQ&Aなどのサポート情報や活用情報を参照できるサポートアプリ「LAVIEアシスト」を用意するとともに、特典として2160円分の電子ブッククーポン、30日間見放題作品無料、PPV作品などに使える2000ポイントのビデオ視聴クーポンが付属する。

「LAVIE Tab E TE508/BAW」は、「TE508/S1シリーズ」の後継機種で、コンパクトで持ち運びしやすい特徴を継承しつつ、画面まわりのフレームを細くすることで、画面サイズはそのままに、より持ちやすいスリムなフォルムを採用した。

クアッドコアCPUを採用し、8インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1280×800)、1GBのメモリ、16GBのストレージを搭載する。インターフェースは、200万画素/500万画素のカメラ、microSDXC/microSDHC/microSDカードスロットなどを備える。OSはAndroid 5.0。バッテリ駆動時間は約8時間。重さは約354g。オンラインショップのNEC Directでの税別価格は2万2800円。

「LAVIE Tab E TE510/BAL」は、フルHDのIPS液晶と高い音圧のサラウンド感を演出するマルチスピーカーを搭載し、より快適に映画や写真などを楽しめる。

クアッドコアCPUを採用し、10.1インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1200)、2GBのメモリ、16GBのストレージを搭載する。インターフェースは、500万画素/800万画素のカメラ、microSDXC/microSDHC/microSDカードスロットなどを備える。OSはAndroid 5.0。バッテリ駆動時間は約12時間。重さは約522g。NEC Directでの税別価格は3万3800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング