幸四郎の『ラ・マンチャの男』が再び幕を開ける

2015.7.21 18:15配信
松本幸四郎  撮影:福井麻衣子 松本幸四郎  撮影:福井麻衣子

世界初演から50年、松本幸四郎主演の日本初演から46年を数えるミュージカル『ラ・マンチャの男』が、3年ぶりに上演される。これほど長く演じ続ける力はどこから湧いてくるのか。上演回数1208回からスタートする今年の公演に向けて、幸四郎が情熱を見せた。

ミュージカル『ラ・マンチャの男』 チケット情報

『ラ・マンチャの男』は、スペインの作家ミゲール・デ・セルバンテスの「英知あふれる郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」を原作としたミュージカル。投獄された作者セルバンテスが即興劇を始めるという大胆な脚色のもと、とある田舎の老人が、何世紀も前に姿を消した騎士ドン・キホーテとなって、悪を滅ぼすための旅に出るという物語がスタートする。「自分はドン・キホーテであると信じる老人は、どこへ行っても狂人扱いされます。それでもひたすら夢を追い求めていく。その姿がやはり、観る人に希望を与えてきたのだと思います」とこの作品の魅力を語る幸四郎。46年もの間演じ続けてこられたのも、自身が作品から力をもらってきたからだという。「作者のセルバンテスがこんなことを言ってるんです。“いちばん憎むべき狂気とは、あるがままの人生に折り合いをつけて、あるべき姿のために戦わないことだ”と。また、“事実は真実の敵だ”という台詞も劇中に出てくる。僕も本当に、毎日現実という事実と戦い、苦しみのたうち回りながら折り合いをつけて生きていますから。あるべき姿のために戦うドン・キホーテに勇気づけられ助けられて、今日までこられたのだと思います」。

1970年にこの作品でブロードウェイの舞台に立つなど、幸四郎は世界への先駆者でもあった。歌舞伎俳優でありながらその枠にとらわれず柔軟でいられるのは、「役者は何でもやる必要はないけれども、求められれば何でもできなくてはいけない」との思いがあるからだ。さらには、『王様と私』で初めてミュージカルに出演したときから、「どうせならブロードウェイまで行ってやろうと、歌舞伎はもちろん、ミュージカルもとことん突き詰めた」という。「46年の間には、両親をはじめ大事な人との別れもありました。でも、その悲しみを感動に変えるのが役者です。苦しみながら悲しみながら歌い踊って、みなさんに明日も頑張ろうと思っていただく。役者はそれしかないと思うんです」。役者としての“あるべき姿”を追求してきた幸四郎が演じるからこそ、ドン・キホーテが伝える人間の真実に、胸打たれずにいられないのだろう。

公演は9月2日(水)から21日(月・祝)まで大阪・シアターBRAVA!、10月4日(日)から27日(火)まで東京・帝国劇場にて。チケットは大阪公演は発売中、東京公演は8月1日(土)に一般発売開始。

取材・文:大内弓子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング