三浦春馬、『進撃』監督に感謝!

2015.7.21 20:30配信
(左から)水原希子、三浦春馬、長谷川博己

人気コミックを実写化した『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のジャパンプレミアが7月21日に、東京・国際フォーラムで行われ、約4000人のファンが集結。同日、札幌、大阪、名古屋、福岡でも1度限りのプレミア試写会が同時開催された。

その他の画像/プレミア試写会

ジャパンプレミアには三浦春馬(エレン役)をはじめ、長谷川博己(シキシマ役)、水原希子(ミカサ役)、本郷奏多(アルミン役)、三浦貴大(ジャン役)、桜庭ななみ(サシャ役)、松尾諭(サンナギ役)、石原さとみ(ハンジ役)、ピエール瀧(ソウダ役)、國村隼(クバル役)、樋口真嗣監督が出席した。

主演を務めた三浦は、「この超大型エンターテインメントで主演させていただき、本当に感謝しています。最新の特撮とVFXが融合したハイブリッド映像をお見せできるのが光栄ですし、すべては樋口監督が導いてくださった。大きな拍手をおくってください」と樋口監督に感謝の意を表した。

一方、当の樋口監督は緊張のせいなのか、足がガクガク。あふれる思いに、言葉が追いつかない様子で「本当に頑張りました!」と言葉を振り絞り、「原作の面白い要素をどこまで詰め込めるかにかけた。(コミックの)絵の行間に、肉体と精神を注ぎ込んだ」とアピールした。

キャスト陣も「すごい映画になりました。ただ、私はリヴァイではありません!」(長谷川)、「今日、皆さんは観たことのない映画を観ることになる」(水原)、「原作ファンの僕から見ても、間違いなく良作」(本郷)、「あら探しはせず、キャラクターがもつ本来の魅力や可能性を見てもらえれば」(石原)と熱弁した。

社会現象を引き起こした諌山創原作の大人気コミックを、樋口真嗣監督(『日本沈没』、2016年公開予定の『ゴジラ』など)が2部作で実写化したスペクタクル。“巨人”と呼ばれる大型人種に支配された地上を舞台に、それに立ち向かう戦士たちの冒険を描く。

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
8月1日(土)公開

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』
9月19日(土)公開

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング