ピクサーが日本の観客向けに“新映像”を制作

2015.7.22 18:00配信
『インサイド・ヘッド』(C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー/ピクサーの最新作『インサイド・ヘッド』の劇中画像が2枚公開された。どちらも映画の主人公ライリーの幼少期を描いたものだが、片方にはブロッコリーが、もう片方にはピーマンが描かれている。これらはピクサーのスタッフの“こだわり”によって誕生したものだ。

その他の画像/スタッフのこだわり

本作の舞台は11歳の少女ライリーの頭の中。そこではヨロコビ(JOY)、カナシミ(SADNESS)、イカリ(ANGER)、ムカムカ(DISGUST)、ビビリ(FEAR)が暮していて、彼女の感情を決めているが、ライリーの一家が引越しをしたのを機に様々なトラブルが発生。映画は、ライリーと感情たちの予想もつかないドラマを描く。

ピクサーはつねに観客が作品の世界に没頭し、夢中になれるストーリーを描くことに注力してきた。そのため、作品によっては公開される国の習慣や事情によってキャラクターの名前や描写を積極的に変更しており、本作でもライリーの頭の中に登場する感情は、公開される国によってそれぞれ異なり、日本を含む42の国と地域で異なった名前が採用されている。

このほど公開になったのは、ライリーが嫌いな野菜を前に顔をしかめる場面で、彼女の頭の中では“ムカムカ”が活躍している。字幕版ではアメリカで公開されたものと同じく“ブロッコリー”が登場。これはアメリカの子どもの嫌いな食べ物の上位にブロッコリーが入っているからだ。しかし、ピクサーのスタッフは日本の観客にさらに物語を身近に感じてほしいと、日本語版では野菜をピーマンにすることを提案。作業スケジュールはタイトだったが、ピーマンを前に顔をしかめるライリーの映像が制作された。

ディズニーの担当者は「ブロッコリーからピーマンへの変更は、日本の観客に本作を自分の物語として楽しんでもらいたいというフィルムメーカーの熱い想いによるものです。画面の隅々までこだわり抜き、心を込めて創り上げた作品になっています」とコメントしている。

『インサイド・ヘッド』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング