ソフトバンクモバイル、新しい「iPad」を3月16日8時から販売、当日販売分も用意

2012.3.14 18:17配信
ソフトバンクモバイルの「iPad」紹介ページ

ソフトバンクモバイルは、アップルの新しい「iPad」を3月16日午前8時以降、順次全国で販売すると発表した。ソフトバンクショップなどのiPad取扱店では、数に限りはあるものの、当日販売分も用意する。

当日は、3月6日にオープンしたソフトバンクショップの旗艦店「ソフトバンク銀座」で、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏や、CMに出演しているトリンドル玲奈さんなどをゲストに迎えて発売記念セレモニーを開催する。

解像度2048×1536ピクセルの美しい「Retinaディスプレイ」を搭載した新しい「iPad」は、Wi-Fiモデルと、通信機能を備えたWi-Fi + 4Gモデルの2タイプ。容量はそれぞれ64GB/32GB/16GBの3種類で、カラーはブラックとホワイトの2色。Wi-Fi + 4Gモデルは、初代iPad、iPad 2に引き続き、国内ではソフトバンクモバイルが販売する。

オンラインのApple StoreではWi-Fiモデル限定で3月8日から、全国のソフトバンクショップ、量販店では、3月10日から両モデルの予約を受け付けており、ソフトバンクモバイルのウェブサイトでは、ソフトバンクショップ、家電量販店など、iPad取扱店の一覧を公開している。

2012/3/14追加

いま人気の動画

     

人気記事ランキング