多部未華子は“ダメ男”好き? 「私も割と流されやすい」

2015.7.22 21:25配信
(後列左から)田口トモロヲ監督、柄本佑、光宗薫、菅田将暉、峯田和伸、(前列左から)木村文乃、綾野剛、多部未華子、松坂桃李

 映画『ピース オブ ケイク』完成披露上映会が22日、東京都内で行われ、出演者の多部未華子、綾野剛、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、柄本佑、峯田和伸と田口トモロヲ監督が出席した。
 ジョージ朝倉氏による人気コミックスを映画化した本作は、現代女性の切ない恋や仕事におけるリアルな心情を描く大人のラブストーリー。流されるままなんとなく生きてきた主人公・志乃を演じる多部は「好きだから、好きすぎるあまり不安になって、自分の中でネガティブエピソードをたくさん作ってしまうという志乃ちゃんの気持ちに共感できます。私も割と流されやすいタイプなので」と明かした。
 志乃の親友でオカマの天ちゃんを演じた松坂は「美意識をとにかく高めました。役をいただいてから少しでも女心を取り込もうと思って、まずエステの予約をして、美肌パックを大量に買い込んで、爪を磨いて」と綿密な役づくりを明かし、「衣装のドレスが着られなくて体もしぼりました。女性って大変だなと…」としみじみ語った。
 志乃の思い人・京志郎(綾野)と同棲中の彼女を演じた光宗は「一緒に住んでいるから顔も見慣れているように、撮影中はずっと携帯の待ち受け画面を綾野さんの画像にしていました」と告白した。初耳だった綾野は「びっくりしました。すごくうれしい。見られて迷惑をかけてなければいいですが」と驚いてせき込みながらも光宗を気遣った。
 また、登場人物の中から好みのタイプを問われた多部は、元カレ役の柄本とバイト先の同僚役の菅田を指し「どっちかなんです」とつぶやいた。「ふらふらしているキャラも好きだし、支配欲の強い人も好き」という多部に、劇中で相手役を演じた綾野は「ダメ男が好きってこと? ちょっとでも(自分かなと)かまえてしまって恥ずかしい」とうなだれていた。
 映画は9月5日から新宿バルト9ほか全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング