「国民的美少女」出身花岡なつみ、初ライブを語る

2015.7.23 15:25配信
花岡なつみ 花岡なつみ

昨年行なわれた「第14回全日本国民的美少女コンテスト」で音楽部門賞を受賞した花岡なつみ。8月12日(水)にシングル『夏の罪』で歌手デビューを果たす彼女が、ぴあのインタビューに答えた。

まずデビューに至る経緯について、花岡は「小さい頃はすごく引っ込み思案な性格だったんです。もうちょっと前に出て、自分の意見を言えるようになって欲しいという母の勧めで、小学1年生からダンスを習い始めて。ジャズダンス、クラシックバレエ、タップダンスなど、いろんなダンスを習っていたんですね。そのあと、中学2年生のときにもっと成長したいという思いで、別のスクールに入ってダンスと、さらに歌も習うようになって。最初は人前で歌うことが苦手だったんですけど、どんどん歌うことが好きになって、将来は歌手になりたいという夢を描くようになりました」と話した。

「全日本国民的美少女コンテスト」については「スクールの先生の勧めで応募したんですが、受賞者は中学生が多いイメージのコンテストだったので、経験のひとつにしようっていう気持ちで受けたんですね。だから、最終まで残ったときは本当に信じられなくて。でも、受賞できて凄く嬉しかったです」と語った。

デビューシングル『夏の罪』は彼女がコンテストで歌った『月光』の鬼束ちひろが初めて他アーティストに提供した楽曲で、現在放送中のドラマ『エイジハラスメント』の主題歌。「この春に高校を卒業して、上京したばかりで歌手デビューというだけでも嬉しいのに、尊敬する鬼束ちひろさんの曲で、ドラマ主題歌に選んでいただいて、本当に驚きが多くて…。もっともっと歌のスキルをあげて、頑張らないといけないなって思いました。一見すると絶望的な歌詞なんですけど、じっくりと読み込んでいくと、辛いことや失敗、裏切られることがあったとしても、自分の物語を1歩1歩進んでいくんだっていう力強いメッセージが込められている曲だなって。私はとにかく、絶望的な状況にも立ち向かう力強さをイメージして歌ったので、聴いてくださった方に何か感じていただけたら嬉しいなと思います」と話した。

7月23日(木)に東京・duo MUSIC EXCHANGEで行われるイベント「Groovin'Case」に出演。同イベントは彼女にとって初ライブとなる。花岡は「すごく緊張してます(笑)。でも、自分が楽しまないとお客さんも楽しめないだろうなと思うので、まずは自分が楽しんでパフォーマンスすることが大事だと思ってます。まだ私のことを知らない方がほとんどだと思うので、少しでも多くのお客さんに、自分を知っていただける機会にしたいです」と意気込んだ。

今後の目標について彼女は「将来的には、バラードやアップテンポ、ダンスナンバーにも挑戦したいし、様々なジャンルを歌っていきたいと思っています。イベントを重ねて、自分の歌を届けていきたいし、私の歌で感動してくださったり、笑顔になってくださったり、何かを感じてもらえる方がひとりでも増えるように、地道にがんばっていきたいです」と語った。

取材・文:永堀アツオ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング