『ミッション:インポッシブル』最新作がついに完成

2015.7.24 17:52配信
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ワールドプレミアの模様

トム・クルーズが主演を務める人気シリーズの第5弾『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』がついに完成し、ワールドプレミアがオーストリアのウィーン国立歌劇場で開催された。会場にはクルーズをはじめ、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、クリストファー・マッカリー監督も登場。会場には5000人以上のファンがつめかけた。

その他の写真

『ミッション:インポッシブル』シリーズは、変装の名人にして圧倒的な身体能力と作戦遂行能力を誇るエージェント、イーサン・ハント(クルーズ)らが毎作、それぞれの得意分野を活かしながら“不可能”としか思えない難題に挑む超人気シリーズ。最新作ではイーサンらが所属するIMFの解体危機が迫る中、彼らがチームを組んで、訓練されたならずもの組織(ローグ・ネイション)“シンジケート”の壊滅というミッションに挑む。

何よりもファンを大事にするクルーズは、当日も多くのファンと触れ合い、サインし、記念撮影をするなどファンサービスの時間をたっぷりと設け「日本には来週行くので、その時に是非会いに来てもらえると嬉しいよ。みなさんに、『ミッション:インポッシブル/ローグネーション』を観てもらえるのが楽しみだ。シリーズ最高傑作だと自信を持って言える出来だから、きっと皆さんにも楽しんでもらえるはずさ。君たちのために作ったよ!」とコメント。謎の女スパイ・イルサを演じたファーガソンは「本作はトムが我が子のように大切にしているシリーズで、製作もしているの。彼は周囲を気遣う、ユーモア溢れる紳士だわ」と語り、ペッグは劇中に登場するカーアクションについて「まるで遊園地を貸し切りにしているみたいにエキサイティングな体験だったね。あの時の叫び声はみな本物さ!トムは運転が最高に上手だから、楽しんでたよ」と振り返った。

『アウトロー』でもタッグを組み、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でも脚本を手がけるなどクルーズから全幅の信頼を寄せられているマッカリー監督は「トムとの仕事は4回目だけど、毎回良くなっていく一方で今回が今までで最高だった。飛行機スタントは僕が思いついたんだが、トムが実現させたシーンは本当に素晴らしい出来になった」と自信を見せた。

クルーズは来日を予定しており、8月2日(日)に記者会見を、翌3日(月)に新宿でジャパンプレミアを行う予定。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
8月7日(金)公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング