加山雄三、夢のために「ゆうゆう散歩」を卒業 「見たこともない船を作りたい」

2015.7.25 19:41配信
 ツアーファイナルを迎えた加山雄三

 「加山雄三Finalホールコンサートツアー 若大将EXPO~夢に向かって いま~」が25日、東京都内で最終日を迎え、本番前に加山本人が取材に応じた。

“自身の夢”のために「全国を巡るツアーはこれが最後」と宣言している加山。ツアーの盛況について「ラストと言わなければよかった?」と問われると、「そんなことは全くない。ラストはラスト。全国を網羅できたことにはそれだけで大きな意味がある」とコメント。また「終了は始まりの元。もう俺の心の中では(次の活動が)始まっちゃってるんだから…」と語った。

 その夢について「80歳になるまでに自分の設計している船を完成させること。いろんな人が(協力に)名乗りを上げてくれている。目的は災害救助船。台風の中でも揺れない、燃料も要らない、見たこともないような船を作りたい」と明かした加山は、「時間が欲しいのですみませんが“ゆうゆう散歩”も9月いっぱいで卒業させていただきます」と宣言した。

 テレビ朝日系で放送中の「若大将のゆうゆう散歩」は、故地井武男さんの「ちい散歩」の後継番組として開始された。加山は「地井くんがずーっとやっていたものを、僕も3年ちょっとやらせてもらった。ものすごく楽しかったしためになった」と感謝しつつ、「その“散歩”のおかげで、6カ所ぐらい今作ろうとしている船に役立つ場所にも行けた。驚いたね。出会いとはこういうものなんだなと…」としみじみ語った。

 また加山は、10月から新たな音楽番組がBS朝日で始まることも報告。収録回数が少ないため、時間的な余裕もできるという。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング