朝日新聞出版発行の「AERA 2月11日増大号」は、発売日を待たずに予約で売り切れる書店が続出。「買えなかった!」という声にお応えするべく、週刊誌では異例の重版に踏み切りました。明日2月13日(水)以降、順次店頭に並びます。



AERA 2月11日増大号は、「刀剣乱舞」で人気急上昇中の俳優・鈴木拡樹さんを初めて表紙に起用。蜷川実花による撮影で、表紙の他にも3ページにわたるカラーグラビア+インタビューを掲載し、「鈴木拡樹のいま」を閉じ込めました。
巻頭特集は、2月4日の「世界がんデー」にあわせた「医師が選ぶがん検診」。
さらに「嵐の活動休止」発表を受け、急遽4ページで「嵐の民主主義」を緊急特集しました。

発売前にこのラインナップを公開したところ、ネット書店を中心に予約が殺到し、発売前に入荷数が完売してしまう書店が続出。発売日当日の2月4日には週刊誌としては異例の重版を決めました。

AERA本誌の重版は、フィギュアスケートの羽生結弦選手を表紙にした2018年2月19日増大号(2018年2月12日発売)以来。重版分は、明日2月13日(水)以降、順次、店頭に並びます。

AERA (アエラ) 2019年 2/11 増大号【表紙:鈴木拡樹】
特別定価:410円(税込)
発売日:2019年2月4日
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MTJMHH7/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます