もしかして、まだ好き? 「元カノ」の話ばかりする男の心理パターン6つ

ほとんどの男性は昔つきあっていた彼女の話が好き。いくら元カノのことは気にしないとは言っても、ちょくちょく嬉しそうな顔で話題に出されればイヤな気分になりますよね。いったい、彼のする元カノ話にはどのような意味があるのでしょうか?

ほとんどの男性は昔つきあっていた彼女の話が好き。いくら元カノのことは気にしないとは言っても、ちょくちょく嬉しそうな顔で話題に出されればイヤな気分になりますよね。

「なんで嬉しそうなの?」「もしかして、まだ好き?」と不安になっても当の本人は気づいてない。そのうち元カノにも腹が立ってきて……。

いったい、彼のする元カノ話、どういう意味があるのでしょうか?

意味なし 

ほとんどのケースが“意味なし”で、ただの過去の思い出として話しているだけです。そんな話をする彼はデリカシーがないですが、「好き」の感情がまったく残っていないから話せるのかもしれません。

彼の部屋に、いまだに化粧品や洗顔料のお泊まりセットなど元カノのものが置いてあるケースもよくあります。これにも意味はなく、ただ処分するのを忘れてるだけ。

トロフィーなので自慢 

メアドを消さない、写真を消さないのは、素敵な元カノとつきあっていた自分も素敵な人だってことですから。写真を見せるのは「こんなカワイイ子と付き合えるほどの男なんだ」と言いたいのでしょう。「わーカワイイ人だったんだねー」と余裕で答えることができる女性は、素晴らしいです。グッとこらえて答えてあげるとあなたの株が上がるかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント