ルームミラー一体型ドライブレコーダー、夜間・静止画も対応、上海問屋

2015.7.27 18:34配信
DN-12865

ドスパラが運営する上海問屋は7月24日、ルームミラーと一体型のドライブレコーダー「DN-12865」を発売した。税込価格は8999円。

4.3インチのモニタを搭載した、ルームミラー型のドライブレコーダー。エンジンに連動して録画をオン・オフするため、撮り損ねる心配がなく、ルームミラーとしてもワイドサイズで視界が広く、ブルーコートの防眩仕様なので、夜間は後方からのヘッドライトのまぶしさを大幅にカットする。

ルームミラーを取りつけるように、純正ミラーに取りつけられるので視界を妨げず、約130°の広角レンズとフルHD画質で映像をしっかり記録できる。また、動態検知機能を備えており、動くものを検知すると自動で録画を開始し、約60秒間動くものがなければ自動で録画を停止する。なお、駐車中には簡易防犯カメラとしても使える。

動画ファイルは、1分/3分/5分ごとに新しいファイルを生成し、メモリカードの容量がいっぱいになると自動で古いデータから上書きして録画を繰り返す。

このほか、本体の4.3インチモニタで記録した映像をその場で確認することが可能で、解像度4032×3024の静止画撮影にも対応する。また、最大4倍のデジタルズーム機能も備える。

対応メディアは最大32GBまでのmicroSDHC/microSDカード。電源はDC12V。サイズは幅28.6×高さ10.0×奥行き4.7cmで、重さは約317g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング