【特集】「第28回 東京国際映画祭」の舞台裏

『ザ・ウォーク』が東京国際映画祭オープニングに

2015.7.28 14:30配信
『ザ・ウォーク』

ロバート・ゼメキス監督がジョセフ・ゴードン=レヴィットを主演に迎えた新作『ザ・ウォーク』が10月22日(木)に開幕する第28回東京国際映画祭のオープニング作品に決定した。

その他の情報

本作の主人公フィリップ・プティは、1974年、当時世界一の高さ(411メートル)を誇っていたワールド・トレード・センターのツインタワーをロープでつなぎ、その上を命綱なしで渡りきり、世界中を驚かせた。映画は実話を基に、プティの半生、彼らが挑んだ無謀にして壮大な計画を成功させるまでの一部始終が描かれる。

本作は9月に開催される第53回ニューヨーク映画祭のオープニング作品にも決定している。

『ザ・ウォーク』
2016年1月23日(土)、全国ロードショー

人気記事ランキング