【マーベル】まだ映画だけ? 『アベンジャーズ/AoU:プレリュード』でアメコミに挑戦しよう!

自分の好きな映画の原作が漫画なら、是非その漫画を読んでみたくはなりませんか? 今回は、ハードルが高いと思われがちなアメリカン・コミックの入門編として『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン:プレリュード』をご紹介します。

©2015 MARVEL

7月4日公開の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」はもうご覧になりましたか?

言わずと知れた2012年公開の大ヒット映画「アベンジャーズ」の続編であり、これから更に広がっていくであろうマーベル・シネマティック・ユニバース(マーベルコミックスの各キャラクターの映画から、キャラクターたちをクロスオーバー映画で合流させるという計画の作品群のこと)の新たな展開を予感させる映画です。

 

そもそもマーベルってなに?

さて、大ヒットしたアベンジャーズですが、楽しんで見た方の中にも「そもそもマーベルって何なのよ?」という方も多いのではないでしょうか。

マーベルコミックスは、アメリカの漫画出版社。

アベンジャーズに登場する、アメコミを代表する著名なヒーローを数多く生み出してきた会社です。

つまり、アベンジャーズは今日本でも流行の漫画の実写化。もともとの原作はコミックなのです。

漫画といえば、日本の文化と言えるくらいに日本人に馴染み深いものですが、外国の漫画を読んだことはありますか?

おそらくほとんどの方がNoなのではないでしょうか。

アメリカはアメリカン・コミック、フランスはバンドデシネ…様々な国でそれぞれの漫画文化がありますが、日本ではなじみがないですよね。

それらに触れようと思った時に一番最初に懸念されるのが言葉の壁。

でも、大丈夫。ちゃんと邦訳版が出版されているんです。

 

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント