「インテリジェントホーム」のスマートロック、アプリ遠隔操作で施錠・解錠

2015.7.28 17:58配信
スマートロック(電子錠)

イッツ・コミュニケーションズは、スマートホームサービス「インテリジェントホーム」の新デバイスとして、専用ICカードによる認証やパスワードだけでなく、アプリによる遠隔操作での施錠、解錠にも対応する「スマートロック(電子錠)」の提供を8月2日に開始する。

スマートフォン向けの専用アプリを使った施錠確認や施錠、解錠に対応し、付属のカードキーや暗証番号入力でも解錠が可能な電子錠。解錠時に家電コントローラーと連動して、照明やエアコンをオンにしたり、子どもの帰宅時間に解錠されるとIPカメラで撮影してメールで知らせたり、目的に合わせて自由にルールを設定できる。

個人物件だけでなく、賃貸居住者の退去時などにシリンダー交換が必要なアパートや賃貸マンションなどの管理物件にも対応しており、賃貸経営のコストダウンや防犯対策にも役立つ。

申し込みの受け付けは8月1日に開始し、税別の月額料金は700円。専用カードキー3枚が付属する。

「インテリジェントホーム」は、スマートフォン/タブレット端末向けの専用アプリを使って、インターネットに接続した宅内のさまざまな機器を介して、家の中を自由にコントロールすることが可能なスマートホームサービス。目的に合わせてサービスを自由にカスタマイズでき、複数のデバイスを組み合わせたルール設定にも対応する。

ドアや窓の開閉を知らせる「ドア・窓センサー」や、人の動きを検出して知らせる「モーションセンサー(広域・狭域)」、センサと連動して映像を記録する「IPカメラ」、メーカーを問わずエアコンや照明のオン/オフが可能な「家電コントローラー」を用意するほか、災害時など緊急時のテレビ自動立ち上げ機能を備えた「イッツコム テレビ・プッシュ」や、東急セキュリティとの連携による警備員の「駆けつけサービス」の提供も行う。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング