シニア向け「らくらくスマートフォン3」に新色のエアーブルーを追加

2015.7.28 19:14配信
既存のレッド、ホワイト、ブラックに「エアーブルー」を新たに追加

富士通は、スマートフォン「らくらくスマートフォン3 F-06F」の新色「エアーブルー」を、NTTドコモを通じて7月31日に発売する。

既存のレッド、ホワイト、ブラックに、青磁のような透明層の奥に落ち着いた青を配した「エアーブルー」を新たに追加。LTEネットワークを使った高音質な通話サービス「VoLTE」に新たに対応するとともに、高精細な映像と高音質な通話で子どもや孫との「ビデオコール」も利用できるようになった。

従来から備える機能「ワンタッチダイヤル」が進化。頻繁に連絡をとる相手を登録すればワンタッチで電話をかけることができる機能に加え、誰を登録したかがひと目でわかるアイコンや、ボタンをタッチすると相手の名前を表示する機能を追加した。

「らくらくスマートフォン」専用の使いやすい見た目はそのままに、「ドコモメール」に対応することでメール機能をバージョンアップ。クラウド対応に加え、メールストアからデコメやスタンプが無料でダウンロードしてメールを楽しむことができる。「VoLTE」「ワンタッチダイヤル」「ドコモメール」は、ソフトウェア更新で既存のレッド、ブラック、ホワイトの3色にも対応する。

端末のメニュー画面から簡単にアクセスできるコミュニティサービス「らくらくコミュニティ」の累計登録者数は40万人に達し、2015年7月現在、国内のシニア向けSNSで最大級の累計登録者数となった。ペット、園芸、手料理など、投稿できる掲示板のテーマが充実。プリインストールするアプリケーションで人気の麻雀は、らくらくスマートフォン同士のフリー対局や全国大会を開催。東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授が監修する「みんなで脳力ストレッチング」では、新たに脳年齢測定ゲームが楽しめるようになった。各ゲームの感想・意見を書き込める掲示板を用意し、利用者の声を今後のゲーム開発に生かしていく。

スマートフォンに対してシニア層が感じる不安の払拭と「らくらくスマートフォン3」の魅力を動画で伝えるスペシャルウェブサイト「タッチ!『らくらくスマートフォン3』」を開設。シニア層の背中を押すアプローチをサイト内で展開していく。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング